×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 2000Hitを読む前の注意
 2000Hit記念は1000Hitからの続きなので、まだ読んでいない人は
1000Hitからお読みください。
 それでは2000Hit記念です。

 ――竜馬を見つけてから五分が経過した。
 別に見逃したわけじゃない。
 今もなお、追いかけている。追いかけているのだが・・・・・・。
「り、竜馬、速、あ〜、畜生、追いつけねぇ・・・・・・」
「え、エリ、速いな。引き離せない・・・・・・」
 彼此五分間追いかけ続けているが、一向に距離が縮まる気配はない。
 そろそろ竜馬も限界のはずなんだけどな・・・・・・。
 ここで諦めれば、楽かもしれない。けど!
「うお〜、竜馬〜」
 諦めたくない!
 俺は、力を振り絞って竜馬を追い、ついにその体を拘束した。
「あ〜、エリ、速いな〜。あ〜、もう無理」
「や、やっと捕まえた・・・・・・。つ、疲れた・・・・・・」
 俺は、思わずその場に大の字に倒れこんだ。
「でも、まだ先輩たちが残ってるだろ?」
 そ、そうだった・・・・・・。竜馬でこれだけ苦戦してるのに、先輩たち捕まえられるかな?
「う〜ん、ちょっと無理じゃないかな♪」
「やっぱりそうですよね〜、って明日香先輩!」
 何で明日香先輩が、俺の目の前に。
 俺は、明日香先輩に覗き込まれていた。
「エリちゃん、どうしたかな〜、と思って見に来たら、バテてるんだもん。リタイアする?」
「あ〜、体力的にはそうしたいんけど、もう少し頑張ってみます」
 ってあれ? もしかして・・・・・・。
「そう、じゃあ頑張ってね、エリちゃん♪ ・・・・・・どうして私の足を掴んでるの?」
「明日香先輩、捕まえました」
「え〜!? エリちゃん、ずるい!」
「勝負は時として非情なものです」
 これであとは、海斗先輩とユエ先輩だけ。
「エリちゃん、ずるい・・・・・・」
 なんか明日香先輩がブツブツ言ってるけど、この際無視だ。
 あと二人、早く見つけないと。
「あ! 海斗先輩! 見つけた!」
「しまった! 逃げなきゃ!」
 そういうと海斗先輩は人気の少ない山の方へ入っていった。
 俺は急いで追いかけた。
 ――山中にて――
「ど、何処行った?」
「ここだよ、絵里菜くん」
「やっと来たな、龍宮」
 そこには、海斗先輩とユエ先輩が立っていた。


index Novel top 更に続く3000Hitへ


あとがき

 はい! 2000Hit達成です。舞台は1000Hitの後半戦・・・・・・だったんですけど。
 また続いちゃいました。
 続きは3000Hitの時・・・・・・じゃあ、待たせ過ぎですか?
 要望があれば3000Hitを待たずして更新します。
 一応書き終わっているので。
 ではでは〜♪


エステティック