×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「どうも、龍宮です。なんと早くも1000Hitを達成したみたいで・・・・・・」
  1000Hit記念に、テスト返却と合宿の間の出来事をお送りします。
  番号で言うと♯21の最後ら辺ですかね。
  それでは、どうぞお楽しみください

 時は五月一日、俺たちは、今学校の近くの公園にいる。
 たち、とは吹奏楽部のみんなのことだ。
 ――と、明日香先輩が、
「これから鬼ごっこ大会を始めます!」
 ・・・・・・まぁ、そんな気はしたけど。
 明日香先輩が、こんな広いところにみんなを集めて、何もない訳無いとは思っていたけど・・・・・・。
 ごっこ、って。しかも大会だし。
「それじゃあ、鬼はエリちゃんで」
 それも、もうなんかお決まりですね。
「百数えてから追いかけてね♪ 捕まえられたら、あそこの大きな栗の木の下で待機。じゃあ、みんな逃げろ〜」
『オ〜!』
 は〜、さて数えるか。
「い〜ち、に〜い、さ〜ん――中略――ひゃ〜く! さぁ、みんな何処だ?」
 それから五分間捜し回った。――が、
「い、いない。っていうかどんだけ広いんだ、この公園は」
 さらに五分・・・・・・。
「ほんとにいな、あっ! いた!」
 木の陰にマイらしき人物補足。
 ターゲットロックオン。
 レディー、ゴー!
 俺は猛ダッシュでマイを追いかけ、あっさり捕まえた。
「え、絵里菜くん、足、速、はぁ〜」
 マイは物凄く息切れしているようだ。
「マイ、大丈夫?」
「あ、うん、大丈、夫」
 それから、大きな栗の木の下に行くまでに、だいぶ呼吸も落ち着いてきたようだ。
 残り十人。
 ・・・・・・十人もいるのか。
 その後十五分で、アリス先輩、結城姉妹、美香ちゃんを捕まえた。
 あと六人・・・・・・なんだけど、あと残ってるのが、
 明日香先輩、海斗先輩、ユエ先輩、辰哉、竜馬、香澄ちゃん。
 うわ〜、捕まえにくそうなメンツ。
「さて、何処にいるかな。・・・・・・お? あれは・・・・・・香澄ちゃん!」
「やっばい、見つかっちゃった!」
 香澄ちゃんとの距離はおよそ百メートル。いける!
 俺は全速力で香澄ちゃんを追いかけた。そして、
「捕まえた〜!」
「ちょっ、え、絵里菜く、速っ。あ〜、も〜無理。走れな〜い」
 やっと捕まえた。これであと五人、あれ? 四人だっけ? 五人? いや、やっぱり四人かな? ま、いいや。とにかく強敵揃いの、鬼ごっこ大会後半戦が始まる。


index Noveltop 後半戦2000Hitへ


あとがき

  あれ? 後半戦に続いてしまいました。予想以上に長くなってしまったので。(吹奏楽部の人数の関係上)
  続きは2000Hitの時と言うことで・・・・・・。
  続きが早く見たい! という意見があれば、2000Hitに満たなくても更新するかもしれません。
  ではまた。


ブログ