×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 あれだけ食べた物はどこに行くのだろう?
 そんなことを女性に聞くのは野暮というものなので聞かないが。
 あの後、きんつばにすあま、どら焼きと立て続けに食した歩美先輩は、村中先輩に現状を説明されながら事務作業を続けている。
 今もわたあめを食べながらというのが少し気になるのだけれど。
 わたあめって、お祭りの時以外でどこに売ってるんだろう?
「おお、もうこないな時間か。んなら昼飯にしよか。十三時から再開するで」
 村中先輩の言葉で、時刻が昼時だということに気が付いた。
 もうこんな時間だったのか。
 今日は香澄ちゃんの乱入もあって弁当を作れなかったので、コンビニにおにぎりでも買いに行こうと思い、生徒会室を出ようとすると、香澄ちゃんが眼前に立ちはだかった。
「えと、何かな? 俺、昼ご飯買いに行くんだけど」
 昨日の騒動もあり、びくびくしながら聞くと、はいっ、となにやら四角い箱を差し出した。
「お弁当! エリちゃんお昼ないだろうと思って」
「え? でも昨日からずっと――」
 ――一緒だったのに、と言おうと思って、ここがまだ生徒会室だということを思い出し、やめた。
 ここでそれを言うのは、問題発言甚だしいと感じたからだ。
「えへへ〜。こんなこともあろうかと、お母さんに頼んでおいたんだ〜♪」
 満面の笑みで答える香澄ちゃんは、どこか得意げだった。
 まさか昨日ウチに来たのも、今日生徒会の仕事があることも、朝ごはんを食べに来ることも計算のうち?
 頭によぎった最悪のケースを、首を左右に目一杯振ることでかき消した。
「だから一緒に食べよ?」
 せっかく作ってくれたお弁当。
 昼代も浮くし、このノーリスクハイリターンの提案に甘えることにした。

「この玉子焼き! お母さんの得意料理なんだよ〜♪ 食べてっ食べてっ!」
 絵里菜と香澄がお弁当トークに花を咲かせている頃、村中は周囲を見渡して、なにやら考え事をしていた。
(歩美のスイッチが入れば、もちと楽に事が進むんやけど、現実問題、あいつの腹に甘味もんが入るばっかりでち〜っともスイッチ入らへん。どないしようか)
 蒼葉高校生徒会を支える優秀な副官は殊の外悩んでいた。
 このままで間に合うのか。
 間に合わなかった場合どうするのか。
 先の先まで考えて、最悪の事態を回避する。
 それが自分の使命だと信じていた。
「源ちゃーん、このモンブランおいしいよ〜。食べる〜?」
「・・・・・・はぁ」
 村中副会長の苦労は、まだまだ続くようだった。

back index Novel top next

良かったら以下のサイトに投票願います♪
ネット小説ランキング>恋愛コミカル部門>「どらごんらいふ」に投票 (月一回)