×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 大きな布を抱えながら生徒会室に戻ると、歩美先輩が会長席に座りながら、悠然と豆大福を口いっぱいに頬張っていた。
「わ、へひはふん、ほふぁえひ〜」
「何言ってるのか分からないですよ。口の中整理してから喋って下さいっ!」
 いつも凛々しい出で立ちをしている生徒会長様が、両手に豆大福を持ちながら大福の粉だらけになっている姿を、一体誰が想像しただろうか。
 生徒会室ではこんな姿をしていると知ったら、生徒たちはどう思うのだろう。
「おう、お疲れさん。おい歩美、そのボロボロこぼしとる白い粉どうにかせえ。資料が粉まみれになったらどないすんねん」
 歩美先輩は、ふぁ〜い、と返事をして豆大福を口に含んだまま片付け始めた。
 俺も片付けを手伝いながら、捨ててあるごみをちらっと見てみると、先ほど食べてた豆大福の袋の他に、みたらし団子のパックやら信玄餅の入れ物やらがちらほら。
 どんだけ食べてたんだ、この人は。
「よしっ、片付け終わりっ! ところで源ちゃん、今みんな何やってるの?」
「何を言うとんねん。体育祭は宗たちが得点版作っとるし、文化祭は由貴たちが横断幕作っとる。頼むから今やっとる作業くらい把握しといてくれ」
 村中先輩は呆れながら答え、自分の作業を続けた。
 その時、コンコン、と生徒会室の扉をノックする音が聞こえた。――刹那、
「はい、どうぞ」
 今までだらだらとしていた歩美先輩の顔つきが、姿勢が、口調が、変わった。
 その姿は、私立蒼葉高等学校生徒の頂点に君臨する、皆が一様に憧れる完全無欠の壮麗たる生徒会長、北条歩美、その人であった。
「し、失礼しますっ!」
 ノックの主は小柄な女生徒だった。
 オドオドしていその様子から、生徒会室という異質な空間に入り、緊張していることがうかがえる。
「何か御用かしら? 木原亜実さん?」
 その緊張を解くかのように、歩美先輩はゆったりとした口調で話しかける。
「は、はいっ! あ、あれ? 私の名前……」
「一年六組文化祭会計の木原亜実さん、よね? あら? 違ったかしら?」
 凛々しい姿はそのままに、少し微笑んで問いかける歩美先輩。
「い、いえっ! そうですっ! でも、何で……」
 彼女は歩美先輩が自分を知っていたことに驚き、不思議そうに首をかしげた。
「この前、文化祭会計の打ち合わせがあったでしょ? その時に、ね」
 そういって緊張している彼女にウインクを返した。
 どうやら彼女は文化祭の予算について話があったらしく、会計の綾瀬くんが対応して、彼女は退室していった。
 たった一度面識があっただけで、フルネームで覚えてしまう記憶力や訪問者に対するすばやい対応。
 凄い。歩美先輩、カッコいいな〜。
「あ〜仕事したら甘いもの食べたくなってきちゃった〜。誰か買ってきて〜」
 台無しだ〜〜〜〜〜〜〜!

back index Novel top next

良かったら以下のサイトに投票願います♪
ネット小説ランキング>恋愛コミカル部門>「どらごんらいふ」に投票 (月一回)