×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ずいぶんと驚天動地なことを言ったあとに、歩美先輩は説明を始めた。
「いい? 確かにここには、会長を含む生徒会役員が四人いるわ。でもね! その内の二人は『立ち合い人』ではなく『当事者』なのよ! だから無効!」
「「「・・・・・・」」」
 もう開いた口が塞がらない。
 どうやらこの学校で、我が道突き進んでる○パイラル○ライバーな人は、明日香先輩だけではなかったらしい。
 隣で読書に勤しんでいた綾香さんも呆れ顔だ。
 きっと今までの人生の中で、歩美先輩の暴挙に苦労してきたに違いない。
「と、いうわけで二回戦はズバリ! 期末テストよ」
「期末テスト・・・・・・ですか?」
 またとんでもないものを競技の演目に取り入れてきたなこの人は。
 期末テストとは言わずもがな、週明けから始まる試験のことで、その結果は一学期の成績に大いに影響してくる、決していい加減に臨むことの出来ない試験である。
 また、今回もわざと負けるわけにはいかない。
 いや、出来ないわけではないが、俺の成績に関わる。
 そこまでしてわざと負ける気には、どうしてもなれない。
 歩美先輩は、そこを突いてきたのかもしれない。
「そうよ〜。教科は国・数・理・社・英の五教科。各教科での個人戦と、五教科合計得点による団体戦とどっちがいい?」
「どっちでもいいですよ」
 別に興味ないし、もしも勝ってしまって、生徒会に入ることになったら、それは一生の内でそう何度もない不覚ではあるけれど、この際仕方がない。
 この生徒会長さんに目をつけられたのが運のツキと言うことだな。
「じゃあ、宗ちゃんとは個人戦、由貴とは団体戦ということにしましょう」
 そうして楽しそうにしている歩美先輩、と恨めしそうに見ている秘書Aと執事B――改め、西宮さんと南くん。
 二人はこれから猛勉強するそうで、俺と綾香さんは帰宅することになった。


 帰宅途中、俺の少し後ろを歩いていた綾香さんがおもむろに口を開いた。
「ごめんね、やりたくもない仕事を無理に押し付けてるみたいで」
 振り返ると綾香さんは立ち止まっていて、すごく申し訳なさそうな顔をしていた。
「気にしないで下さい。入ったら入ったで、なんとかなりますよ。それに・・・・・・」
「・・・・・・それに?」
 俺は一度、言葉を切って、それから言った。
「生徒会には、綾香さんもいるんでしょう?」
「え、ええ・・・・・・」
 綾香さんの顔が、徐々に赤くなっていく様子が、なんか可愛かった。
「なら大丈夫です♪」
 そう言ったあと、なんとなく恥ずかしくなって前を見たら。そこには山の向こうに沈もうとしている、赤々と燃える夕日の姿があった。
 久しぶりに見た日本の夕日は、なんだかとっても大きく見えた。


back index Novel top next