×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「ふう・・・・・・。ど、どうだったでしょうか? あ、あの、久しぶりだったんで、何か無茶苦茶だったと思うんですけど・・・・・・」
『・・・・・・』
「あ、やっぱ駄目ですよね。ずいぶん長い間弾いてませんでしたし」
「そ、そんなこと無いわエリちゃん! 凄かったわ! 凄い可愛かった♪」
「可愛かったかどうかはともかく、素晴らしい演奏だったぞ、龍宮」
「あぁ、凄い素敵な音色だったよ」
「エリちゃんって、こんな才能もあったんですね〜。羨ましいです〜」
「絵里菜くん・・・・・・凄い。私も見習わなくちゃ」
「リナ先輩凄いです! 尊敬しちゃいます! 私にも教えてくださ〜い!」
「やっぱり凄いなエリは。その豊富な才能は尊敬するよ」
「みんな・・・・・・ありがとうございま――」
「これはもう、エリちゃんのヴァイオリンソロをどこかに盛り込むべきね!」
「それはいい考えだね。折角だから、みんなにも絵里菜くんのヴァイオリンを聴いてもらいたいしね」
「私もそれには賛成だ。いいよな? 龍宮」
「――す・・・・・・。え? ま、マジですか?」
「え? ま、マジですよ? エリちゃんは嫌なの?」
「明日香先輩、だからその涙目で下から見上げるの、止めてくれませんか? その、苦手なんで」
「あら、そう? で? エリちゃんは嫌なの?」
「嫌っていうか、吹奏楽部なんですから、メインは管楽器だと思うんですよ」
「そんなのは明日香の前には、何の意味も持たないことくらい、龍宮も解っているだろう?」
「そうだよ。明日香の意見を覆すなんて、大手牛丼チェーン店○野家で『この近くに松○か、すき○ありますか?』って訊くくらい勇気と度胸がいるものなんだよ」
「そ、それは確かにかなりの勇気と度胸が必要ですね・・・・・・。俺には出来ません」
「あら? 私は出来るけど?」
「それは明日香先輩が度胸満点だからです」
「あ、あの・・・・・・。私も絵里菜くんのヴァイオリンソロ、聴きたいな」
「な!? マイまで・・・・・・。ちょっ、助けてくれよ、竜馬〜」
「エリ・・・・・・。残念だったな、俺も聴きたい」
「そ、そんな〜」
「それじゃあ決まり♪ 早速プログラム考えなきゃ♪」
「ちょっ、明日香先輩!? さっきまで『不本意ながら』とか言ってたじゃないですか!」
「何言ってるの、エリちゃん。これこそが吹奏楽部の本来の在るべき姿じゃない!」
「へ? いや、あの、さっきもそう言ったんですけど・・・・・・」
「問答無用♪」
「諦めろ龍宮。もうこれ以上は無駄だ」
「そうだな。こうなった明日香は『動かざること山の如し』だよ」
「そ、そんな・・・・・・。俺の意見が一切通らないのが、不満だぁ〜〜〜!!」


back index Novel top next