×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ピピー!
 審判の笛が鳴り響く。
 現在のスコアは三十三対三十で、ウチの三点のビハインド。
 ま、負けた・・・・・・。
 これでAブロックの一位通過は三の六で、俺らは敗者復活リーグに・・・・・・。
「何言ってるの? まだ前半が終わっただけよ。後半巻き返しましょう」
 もうこれ以上負けられな・・・・・・、えっ? 前半?
「そうよ。バスケは八分ハーフ。あと八分あるわ。三点差なんてまだまだ挽回可能でしょ? 絵里菜くん、三P五本も決めてるんだから」
 綾香さんが、呆れた顔で見てくる。
 えぇ、どうせ私は早とちりのスキルがデフォルトで具(そな)わっている人間ですよ。
「ちょっ、拗ねないでよ絵里菜くん! もう後半始まるよ!」
 おっと、落ち込んでる暇はない。
 三点差、なんとしてでも追いついてみせる!
 ――その後なんやかんやありまして――
「五十二対五十一で三年六組の勝ち!」
 ま、負けた・・・・・・。
 これでAブロックの一位通過は三の六で、俺らは敗者復活リーグに・・・・・・。
「何言ってるの? まだ予選リーグが終わっただけよ。敗者復活で巻き返しましょう」
 もうこれ以上負けられな・・・・・・、はい、そうですね。
 あれかな〜? 後半バテちゃったのは、昼休みに休めなかったせいなんだろうな〜と思うのは俺だけか?
 これで一日目の試合は全て終了。二日目は敗者復活リーグだ。
 敗者復活リーグはAからFブロックの二位通過クラスが総当たり戦をして、二位までが決勝トーナメントに出れるという夢のリーグだ。
 出来れば出たくない夢のリーグではあるが。
 勝負は明日。絶対に負けられない戦いがそこにはある!
 ――その頃、明日香はというと――
「百二十九対〇で三年七組の勝ち!」
 よ〜し、これで決勝トーナメント決定♪
「つ、強え〜。なんだこのクラス」
「化け物だ・・・・・・」
 なんか相手チームが失礼なこと言ってるけど、今は気にしない♪
 そいえば、エリちゃんはどうなったかな〜?
 あのブロックには源ちゃんのクラスが入ってたからな〜。
「明日香、何やってるんだ? 早くコートから出ないと、次の試合が出来ないだろ?」
「あら、ごめんなさい」
 む〜、また海斗に怒られた。
 私って駄目な女?
 でも球技大会は負けないもん!
 各クラスの一喜一憂を経て、球技大会一日目は幕を閉じた。


back index Novel top next