×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ――球技大会二日目――
 今日は敗者復活リーグが行われる。
 この日は、決勝トーナメントに進出したクラスは自由登校日となっている。
 簡単に言えば、学校に来なくても出席扱いにされる日ということ。
 しかし、決勝トーナメントにも、敗者復活リーグにも入れなかったお暇な方々は、学校に来なければ、欠席扱いにされてしまう。
 この、半ば不公平な規則も、蒼葉高校の特徴の一つと言える。
 校則によって、学校に来ざるを得なかったクラスは、友達のクラスを応援したり、暇を持て余していたり、何処のクラスが勝つか賭けていたり・・・・・・。
 って賭博! 校内で堂々と賭博してる!
「俺、三の六が勝つと思う!」
「いや、意外と二の七が来たりするんだよな〜」
「あんたたち何言ってんの? 明日香たちのクラスが優勝に決まってるじゃない! というわけで私は三の七に賭けるわ!」
 その中には亜沙子先生の姿も・・・・・・。
 しかも自分のクラスじゃないし・・・・・・。
「仕方ないわ。お姉ちゃんだもん」
 と後ろから呆れ顔の明日香先輩がやって来た。
「あ、明日香先輩。いいんですか、ほんとに」
「あ! 明日香! 絶対勝ちなさいよ! 負けたら承知しないんだから!」
「じゃあ私たちが優勝したら、ヴァイオリン買ってくれる?」
 ヴ、ヴァイオリン? 一体何に使うつもりですか?
「決まってるじゃない。エリちゃんと一緒に演奏するためよ♪」
 あ、そうですか・・・・・・。でも、ヴァイオリンって結構しますし・・・・・・。
「・・・・・・いくら?」
「ん〜? 四万二七四九円」
 あ、しっかり値段調べてあるんですね。
「え〜っと・・・・・・」
 そういうと亜沙子先生は、なにやら指を折り始めた。
 どうやら計算をしているようだ。
 というか、普通に考えて、どう考えても割に合わない気がするのだが・・・・・・。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・うん! いいよ♪ 買ってあげちゃう♪」
「はい!? 亜沙子先生、一体いくら賭けてるんですか!」
 まさかその交渉に応じるなんて・・・・・・。
「一人頭一万円!」
 高っ! 一端の高校生から一万円も取り上げるつもりですか!
「OK! 交渉成立ね。これは負けられなくなったわね」
「頑張ってよ〜。私の最後の諭吉が懸かってるんだからね!」
 あの〜、一応その行為って、刑法第百八十五条に違反するんですけど・・・・・・。
「ヴァイオリン、ヴァイオリン〜♪ エリちゃんと一緒に演奏〜♪」
「ふっふっふ。この勝負、貰った!」
 あ〜、もういいや。町田姉妹に常識は通用しないわ。


back index Novel top next