×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 時は二時十分。
 十分遅れでその試合は始まった。
「これより、二年二組対三年六組の試合を始めます!」
 試合開始はジャンプボールから。
 ウチは織田くん、向こうは村中先輩だ。
 ピー! という笛の合図と共に審判がボールを垂直にあげる。
「おらぁ!」
 ジャンプボールを制したのは村中先輩。
 そのボールを取った選手は、すかさずボールを村中先輩へと渡す。
 村中先輩の前に立ちはだかるは、竜馬だ。
「はん! 甘いわ!」
 その竜馬の横をいとも簡単にすり抜けると、続けてマイ、野中さんも抜き、
 バン!
「ダ、ダンクシュート・・・・・・」
 やってみた〜い。
 じゃなくて、あっさり先制を許してしまった。
「ドンマイドンマイ。まだまだこれからよ」
 今度はこっちの番だ。
 ボールを持っているのは竜馬。
 マークは二人付いている。
 このメンバーならマークされるのは竜馬であることは予想していた。
 しかも村中先輩がいるということは・・・・・・。
 俺は綾香さんの方を一瞥すると、やっぱり、マークされてるのが見える。
 現在の敵は、竜馬と綾香さんに二人ずつ。ゴール前に村中先輩、といった感じ。
 詰まる所――
「竜馬! こっちだ!」
 ――俺はノーマークだ!
「おう!」
 竜馬の出したパスは二人のマークの間を上手く抜けて俺の手元へ。
「あっ、しまった! 源さん!」
 敵は四人とも後方。後は村中先輩を抜くのみ!
 てか、いざ向かい合うと恐っ!
 そうもしている間に村中先輩との距離はどんどん迫っていく。
「行かせるかボケ〜!」
 先輩、試合中にボケはないでしょう、ボケは。
 けど、そんなこと言ってる場合じゃない。
 俺は、猛然と迫ってくる村中先輩を左にフェイントをかけたあと、右から抜いてレイアップシュートを入れた。
「やるやないか、龍宮」
「先輩も凄いです」
 これで二対二の同点。
 勝負はまだ始まったばかりだ。


back index Novel top next