×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ピピー!
 審判の笛が鳴り響く。
 さぁ、負けられな――
「それまで! 試合終了〜!」
 な・・・・・・い。あれ?
 相手選手は悔しそうにセンターサークルに集まってくる。
 俺、試合したっけ?
「何言ってるの? 勝ったじゃない、私たち」
 綾香さんが不思議そうな顔をして見ている。
 そうだっけ?
「四十二対四で二年二組の勝ち!」
「ありがとうございました〜!」
 互いに礼をした後、それぞれに散っていく相手選手。
 スコアボードを見ると、確かに四十二対四で勝っている。
 ・・・・・・四十二!? そんなに入れたっけ!?
「絵里菜くん惚けちゃった? 大活躍だったじゃない」
 綾香さんに聞いた四十二点の内訳は、
 綾香さん――八点
 織田くん――四点
 マイ――二点
 野中さん――二点
 竜馬――六点
 俺――二十点
 という内容だったらしい。
 俺十本も入れてるんだけど・・・・・・。
「さて、みんなお疲れさま! 次は一の九よ! 後輩だけど油断しちゃだめよ」
「はいっ!」
 みんな円陣を組んでやる気満々だ。
 一人ポツンと残される俺。
 あぁ、辰哉のポジションってこんな感じなんだ。
 これからはもっと辰哉に構ってやろう。
「おい〜っす。おう、乙姫、バスケどうだった? 俺は勝ったよ! やっぱ一年は雑魚だな! 五対〇だぜ! これからもぶっちぎりで優勝してやるぜ! はっはっはっはっは〜。おっともうすぐまた試合があるんだ! またな乙姫、頑張れよ〜!」
 風のようにやってきて、マシンガンのように喋って、風のように去っていった辰哉。
 ・・・・・・前言撤回。やっぱり構ってやれないわ。
 あのテンションにはついていけない。
 それから、一の九との試合、三の十との試合も勝利した俺たち。
 次は問題の三の六との試合な訳だが・・・・・・。
「ほう、三戦三勝か。やるやないか。せやったらこの試合、勝った方が一位通過っちゅーわけやな」


back index Novel top next