×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「改めて、こんにちは。生徒会長の北条歩美(ほうじょう あゆみ)です。よろしくね」
 やっぱりさっきの人が生徒会長だったんだ。
 明日香先輩に似た綺麗な亜麻色の髪は、思わず見とれてしまうほどだ。
 それに加え、細めの眼鏡が知的な印象を醸し出していた。
「んで、わいが副会長の村中源十郎(むらなか げんじゅうろう)や。みんな、よろしゅう」
 関西弁の人は副会長だったのか。
 坊主頭で、顔が少し黒いのが印象的だ。
 その上、関西弁か。サングラスとかかけたら恐そう。
 背も結構高いな。百九十くらいあるよな〜。織田くんより高いかも。
 吹奏楽部の人で一番高いのが、海斗先輩の百七十八だから、それを含めても頭一つ飛び出た感じになっている。
「えと、会計の綾瀬遼(あやせ はるか)です。二年生です、こんな名前ですが、一応男です」
 少し控えめな感じの男の子だ。あれ? 同級生なのに男の子って言い方変かな?
 二年生と言うには少し低めの身長、って俺も人のことは言えないが。
 前髪が目にかかっているけど、眼鏡をかけてるからそんなに邪魔にはならなそう。
 なんか、この人も俺と同じ悩みを抱えてそうだ。名前とか、容姿とか。
 名前なんて、○カリスエットや○カチューで有名な、某人気女優と同じだし。
 なんというか、女装させたら似合いそうだもん。
「書記の北条綾香です。よろしくお願いします、二年生です」
 北条さんの印象は・・・・・・いいか。
 その後、俺たちも自己紹介して、話は本題へ。
「なるほど・・・・・・。そんでわいらに協力してほしいんやな?」
「今、吹奏楽部は何人いるの?」
「え〜っと、十一人?」
「明日香、十二人だ、ってさっき言っただろ?」
「あ〜、そうだったわね。十二人です。辰哉くん入れるの忘れてた♪」
 忘れてた♪ って、明日香先輩の中で辰哉の存在って一体・・・・・・。
 まぁ、確かにここ最近一緒にいること少ないけど・・・・・・。
 よく忘れられてたりするけど・・・・・・。
 あ、いつも忘れられてるじゃん。(詳しくは
♯26ら辺や♯44をご覧下さい)
「十二人か〜。で? 何人くらい必要なの?」
「そうね〜。四十人くらい?」
 生徒会ってそんなにいるのか? いないだろうな。多分却下され・・・・・・、
「分かったわ。吹奏楽部に助っ人四十人・・・・・・と」
 了承するのか!? そんなにいるのか、我が校は。
「違うわよ。生徒会の人が、助っ人をかき集めてきてくれるのよ」
 あ、何だそういうことか。びっくりして損した。
 いや待てよ? やっぱり凄くないか?
「わいらも助っ人として協力するけどな」
「というわけで、球技大会でも、演奏会でも、よろしくね♪ 龍宮くん」
「よろしく・・・・・・」
 改めて、蒼葉高校の常識外れなところに気付かされた一日だった。


back index Novel top next