×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「来月の頭に球技大会があります! なので今からチーム分けをしたいと思います」
 合宿が終わった明くる週、町田先生――改め亜沙子先生は言った。
 俺にとっては初めての学校行事だ。
「え〜、種目は、バスケ、バレー、ドッヂ、野球、サッカーのうち一種目選んでね」
 ヘ〜、どの種目やろうかな?
「先生はめんどくさいので、ここから先は学級委員に任せます。学級委員、前へ」
「「はい」」
 あ、初めて見た。ウチのクラスの学級委員。
 名前も分からない男女の学級委員が前に出た。
 女子が言う。
「それでは、やりたい種目別に分かれてもらいたいと思います」
 男子が続ける。
「因みに、競技は全て男女混合です!」
 詳しい事は割愛させてもらうが、話し合いの結果、俺はバスケをすることになった。
 バスケのメンバーは、俺のほかに竜馬とマイ、それから男子が一人に女子二人、共に知らない人だ。
 因みに辰哉は、サッカーを選んだ。
「とりあえず、改めて自己紹介を。私は北条綾香(ほうじょう あやか)。一応、生徒会の書記をしてるの。よろしくね」
 サラサラした綺麗な髪の女の子で、瞳がとても澄んでいてとても綺麗な人だ。
 思わず見惚れてしまいそうだ。
「ほら、栞も早く」
「え? あ、うん。えっと、野中栞(のなか しおり)です・・・・・・。よろしくお願いします・・・・・・」
 見たところ、とても内気な子みたいだ。
 髪は両側で三つ編みにしてそれを後ろで一つにしている。
 なんか出逢ったばかりの頃の可憐を思い出すな。
「あとは織田くん、自己紹介」
「え、えっと、織田剛士(おだ つよし)です。よろしく・・・・・・」
 こちらも内気な印象を受ける。
 前髪がとても長くて眼がよく見えない。
 身長は物凄く高い。
「えっと、織田くん、身長いくつ?」
「え・・・・・・。百九十三センチ・・・・・・」
 高ぇ〜。あと少しで二メートルじゃん。
 身長俺と四十センチくらい離れている。羨ましい限りだ。
 俺なんかこの身長じゃ中学生の女子と間違われるもんな。
「もう・・・・・・二人とも暗いわよ! 全く・・・・・・。とにかく頑張りましょう」
 コミュニケーション面に少々不安はあるが、まぁ北条さんがしっかりしてるから大丈夫だろう。
 俺たちは、このメンバーでバスケを戦う事になる。


back index Novel top next