×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 約三時間の散歩も終わり、俺たちは旅館へと戻ってきた。
 その後、昼食を取って、出発する時間になった。
「女将さん、三日間、御世話になりました」
 吹奏楽部を代表して、明日香先輩が挨拶をする。
「いえいえ、また来年の合宿所もここを使ってね、明日香ちゃん」
「やだな〜、女将さん。来年は私は卒業してるよ〜」
「あら、そうだったわね。でも、またいらっしゃい」
 女将さんと明日香先輩は、なにやら楽しそうに話している。
「それじゃあ、行くね」
「またのお越しを心からお待ちしております」
 こうして、三日間御世話になった旅館を後にした。
 ――バス内――
「「「いえ〜い!」」」
 ・・・・・・五月蝿い。
 明日香先輩、もとい町田姉妹と辰哉がここぞとばかりに騒いでいる。
 あなた達は疲れというものを知らないんですか?
 はぁ・・・・・・、まぁいいや。寝よ・・・・・・。
「楽しかったね〜、合宿」
 話し掛けてきたのは香澄ちゃんだ。
「・・・・・・そうだね」
 俺は早く寝たいのだが、ここで無視して寝たりしたら、相当心が冷たい奴だ。
 俺は眠たい気持ちを抑えて香澄ちゃんの話に耳を傾ける。
「あのね、私ね、東京タワーって初めてだったから、一番上まで上ったの! そしたら、硝子の床があってね、すっごく怖かったの! それでね・・・・・・」
 香澄ちゃんの目がとてもキラキラ輝いていた。
 確か、俺が初めて上ったのは、五歳の時だったな。
 真実と一樹と俺で、誰が最初に硝子の床に乗るかでもめたっけ。
「絵里菜先輩、私たちは新幹線に乗ったんです」
「新幹線って速いですね! あっという間に着きました。それからですね・・・・・・」
 今度は結城姉妹だ。
 そっか、結城姉妹は新幹線を使ったんだったな。
 俺らも使えばよかった。
「絵里菜くん、私と竜馬くんはヒッチハイクで行ったんだよ〜。その運転手の小父さんがとっても優しくって・・・・・・」
 今度はマイかよ。いい加減寝たいんだけど・・・・・・。
 しかし、どうにも断れなくて結局話を聞いてしまう俺。
「着いたわよ〜。みんな降りて〜」
 え? もう着いたの?
「明日から学校だけど、みんな頑張っていきましょう!」
「「「「「「「オ〜!」」」」」」」
 結局、この吹奏楽部交流合宿、俺は一睡もしなかった、もとい出来なかった。
 帰って早く寝よ。


back index Novel top 第九楽章へ