×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 俺たちは集合時間までのんびり散歩する事になった。
 熱海と言えば、温泉を求めて多くの人がやって来る日本の有名な観光地だ。
 その景観は、海岸まで迫る山々にホテルが立ち並ぶ海岸線や、ヨットが浮かんでいる海辺、空には、鳥がとても気持ち良さそうに飛んでいる・・・・・・。これなら熱海が「東洋のモナコ」とも呼ばれてるのも納得できる。
 そんな町を今、俺たちは歩いている。
「そういえばさ、みんな吹奏楽で何の楽器やるか決めた?」
 俺はずっと気になってた事を訊いてみることにした。
「そうだな〜、ピアノも出来るんだけど、トランペットがやりたいな。カッコいいし」
 竜馬ってピアノ弾けるんだ。
 竜馬がピアノ弾いてる姿を想像してみた。
 なんかカッコいいな。
「俺は打楽器かな〜。笛ってなんか難しそうじゃん?」
 辰哉は打楽器か。シンバルとかかな。
 っていうか笛が難しそう、ってじゃあ何で吹奏楽部入ったんだよ。
「マイは前から吹奏楽部でしょ? 何やってんの?」
「え? 私? 私はフルート。音色がとても綺麗なの」
 へ〜、マイはフルートか。なんかマイらしいな。
 みんな結構色々考えてるんだな〜。
「エリは何をやるつもりなんだ?」
「そうだな〜。俺、楽器ってヴァイオリンしか出来ないしな〜」
「え!? 絵里菜くんって、ヴァイオリン出来るの!?」
「うん。小さい時、母さんに教わったんだ。子供にヴァイオリン教えたかったんだって。母さん、ヴァイオリン大好きだったから・・・・・・」
 母さんのヴァイオリンは今も持っている。借金のカタに取られないように、父さんが必死で守ってくれたみたいだ。
 ヴァイオリンは、唯一残った母さんの形見だから、大事に保管してある。
「じゃあ、ヴァイオリン、やればいいんじゃない?」
「え? だってウチ、吹奏楽部だし・・・・・・」
「明日香先輩が『やりたい楽器があるなら何でもいいよ♪』って言ってた」
 何でもって・・・・・・。吹奏楽にヴァイオリン入れたら、管弦楽じゃん。
「私、絵里菜くんのヴァイオリン、聴いてみたいな〜」
「俺も聴いてみたいな。ヴァイオリン、持ってるんだろ?」
「持ってるけど・・・・・・」
 何? 何その期待するような目は。
「弾いて欲しいな〜」
 なっ! マイまで上目遣いを会得してる!
 俺、それ弱いんだよ〜。
「わ、分かったよ。今度ね」
「やった♪ 絶対だからね!」
 こうして、いつかヴァイオリンを披露する羽目になった。
 忘れてくれないかな〜。

back index Novel top next