×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「麗那が・・・・・・ブツブツ・・・・・・ん? あ! 朝になっちゃった」
 現在時刻――八時三十分。
 寝てね〜。しかもみんなまだ寝てるし。
 とりあえず朝食を取りに一階へ・・・・・・。――と、
「あ、龍宮さん。おはようございます」
 ルナちゃんはもう起きてたんだ。
 というわけでルナちゃんと一緒に一階へ・・・・・・。
 一階に下りるとそこには既に明日香先輩がいた。――刹那、
「わ〜♪ ルナちゃんだ〜♪」
 明日香先輩はルナちゃんを見るや否や飛び掛かった。
「やめろ、明日香」
 そこへすかさずユエ先輩が立ちはだかった。
 その姿は、まるで魔物から姫を守る騎士のようだ。
「エリちゃ〜ん、誰が魔物なのかな〜♪」
 やば、読まれた。
「いやいや、比喩です、比喩。気にしないで下さい」
「とりあえず朝食にしよう。龍宮、二〇四の人たちを起こしてきてくれ」
「は〜い」
「あ! こらっ! 逃げるな〜!」
 俺は明日香先輩に捕まらない様に、さっさとその場を立ち去った。
 そしてここは二〇四号室。
「お〜い、みんな起きろ〜」
「はひ。絵里菜君おはにょ」
 いや、香澄ちゃん、あんたまだ寝てるから。
「「おはようございます」」
「絵里菜君、おはよう」
 よし、みんな起きたな。一人寝惚けてるのがいるけど。
「朝食だってさ、みんな下行くよ」
「「「「は〜い」」」」
 兎にも角にも一階へ戻り、みんなで朝食を取った。
「御馳走様でした。さて今日は最終日だから、十二時まで自由時間にしようか?」
 と、明日香先輩が言った。いつもながら物凄い食事スピードだ。
 自由時間か・・・・・・。じゃあそれまで仮眠でも。
「御馳走様でした、っと。さて、寝よ」
「絵里菜くん、ちょっと散歩でもしない?」
 マイが声をかけてきた。
「え? いや、俺は部屋に戻って、寝・・・・・・」
「よ〜し、散歩行くぞ〜。乙姫〜!」
「寝る」と言おうと思ったところに辰哉が現れた。
 俺はそのまま、どらごんちーむに連行された。


back index Novel top next