×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 さて、時は進んで今、午前零時。
 みんな東京に行って疲れたのか、すでに眠っている。
 俺もそろそろ寝ようかな。
 そう思った時、窓辺に、月明かりに照らされている人影が見えた。
 ――ルナちゃんだ。俺は、ルナちゃんの横に腰掛けた。
「ルナちゃん? どうしたの? 眠れない・・・・・・とか?」
「あ、はい・・・・・・。ここに来る途中にちょっと眠ってしまったもので・・・・・・」
 あ、そっか。電車の中で寝れば良かったんだ。
「じゃあ、ちょっと話そうか? ルナちゃんのこととか、まだ知らないし・・・・・・」
 今話しとかないと、他に機会無さそうだし。
「え、でもいいんですか? え、え〜と・・・・・・」
「あ、俺の呼び方は好きにしていいから」
「そ、そうですか? じゃあ龍宮さん、は眠くないんですか?」
「俺は大丈夫だよ。むしろ眠れなくて困ってるんだ」
 というのは勿論嘘。もう凄く眠い。
 いや、眠れなくて困ってたのは、ほんとだけど・・・・・・。別の意味で。
「ルナちゃんは何処の学校に通ってるの?」
「えと、私は私立白百合中学校です」
「へ〜、私立白百合中学校か〜。あそこって結構レベル高いんじゃない?」
「そうですね・・・・・・。勉強についていくのが大変です」
 私立白百合中学校といえば、都内でもトップクラスの学校だ。
「もしかして、学年順位、上の方にいたりする?」
「え、あっ、はい・・・・・・この前の実力診断テストでは一応・・・・・・八位に・・・・・・」
「八位!? 凄いね、あの白百合でトップテンに入るなんて・・・・・・」
「そんな・・・・・・。あ、でも友達の麗那ちゃんは、トップファイブに入ったんですよ?」
 麗那ちゃん・・・・・・?
「あ、麗那ちゃんも苗字、龍宮ですね〜。なんか運命を感じます」
 そんな・・・・・・。まさか・・・・・・。
「ねぇ、その麗那って子のこと、少し教えてもらえる?」
「え? あ、はい。先月、都立宝林学園中等部から転校してきたんです。家庭の事情で奨学金をもらってる、って言ってました」
 もしかして・・・・・・。
「髪は肩に掛かる位だったりする?」
「え? あ、はい。・・・・・・なんで分かるんですか?」
 あ、やっぱり。
「その子、俺の妹かも・・・・・・」
「え!? そうなんですか!?」
 麗那が白百合にいる・・・・・・?
「あ、あの、龍宮さん? 聞いてますか? 龍宮さ〜ん」
 父さんと一緒に行ったんじゃ・・・・・・。
「あ、あの、眠くなってきたので、先に寝ますよ〜」
 その夜、俺はルナちゃんが寝たことにも気付かずに考え続け、最終日の朝が来た。


back index Novel top 第八楽章へ