×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「何だ、もう行っちまうのか?」
 ケイが名残惜しそうに言ってきた。
「あぁ、もうすぐ十七時だし、ここから熱海まで二時間はかかるんだよ」
「それなら仕方ないな。ほらケイ諦めろって。何時までリナの服掴んでるつもりだ?」
 ケイは渋々俺の服を放した後にため息を吐きながら言った。
「はぁ、しゃ〜ねぇな。リナ、また遊びに来いよ? みんな、お前がいきなり転校して寂しがってたぜ? 特にファンクラブの会員とかがな」
「えっ!? 絵里菜先輩、ファンクラブなんてあるんですか?」
「わっ、ビックリした〜」
 美香ちゃんが突然大声を出してきたので、俺は心臓が飛び出すかと思った。
「そうよ。カズとケイとリナは、うちの高校で宝林三本柱(トリニティー)って呼ばれる程の人気者なんだから。本人たちは、あんまり自覚ないみたいだけどね〜」
 真実がニヤニヤしながら美香ちゃんに説明してた。
「絵里菜先輩、凄いじゃないですか〜! 帰ったらみんなにも話そ〜っと」
「いやっ! それはやめてくれ!」
 そんなこと言われたら何されるか分かったもんじゃない。
 特に明日香先輩とか、明日香先輩とか、香澄ちゃんとか、明日香先輩とか・・・・・・。
「そうですか? じゃあ言いません! 二人だけのヒミツですね♪」
 何か俺、からかわれてる?
「そうやってラブラブやってんのはいいけどさ〜、電車行っちゃうよ?」
「へ? あっ、やばっ! じ、じゃあ俺らもう行くわ。んじゃ、またな!」
「おう! また逢おうぜ!」
 ケイが、今にも泣きそうな顔してる。
「たまにはこっちにも顔出してくれよ?」
 カズも名残惜しそうな顔してんな。
「それから、携帯くらい買えば? そうすれば、いつでも連絡取れるじゃん」
 と真実に言われたが、こっちにはそんな金はない。
 けど、やっぱ欲しいな、携帯。
 駄目元で大家さんに頼んでみようかな。
「絵里菜くんの元気そうな顔見れて良かった。また逢えるよね?」
 可憐が不安そうな顔をしながら訊いてきた。
「あぁ、勿論さ」
「篠原さん、リナのこと、宜しく頼むよ」
「はい! 分かりました!」
「あ〜もう! 時間ねぇっつってんだろ! じゃあな!」
 俺は、振り返らずに走った。未練の残らないように・・・・・・。
「いい人たちでしたね。リナ先輩♪」
「そうだな、今日は明日香先輩に感謝だな。・・・・・・え? 今、リナ先輩って言った?
 出来れば元に戻してもらえると・・・・・・」
「いいじゃないですか。リナ先輩♪」
 結局、呼び方を戻してもらえず、そのまま熱海へと帰館するのであった。
 三度(みたび)確認しておくが、俺が転校してからまだ一ヶ月しか経っていない。


back index Novel top next