×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「で? どうよ? 新しい学校は」
 ケイがコーラを飲みながら訊いてくる。
「良い学校だよ。まだ一ヶ月しか通ってないけどね」
 それでも分かる。あの学校は良い学校だ、って胸を張って言える。
「ところで、リナは何でこんなところに居たんだ? しかも、後輩と一緒に」
「あぁ、それは――」
「だから、デートだって!」
 俺が説明する前にケイが割り込んできた。
「ケイは黙ってろ。俺はリナに訊いてるんだ。で? 何でだ? というかそのデカイ○ッポンは何だ? 一体何に使うつもりだ?」
 カズから次々と質問が投げかけられる。
 無理もない。突然、転校していった友達が急に帰ってきて、しかも女の子と一緒に帰ってきて、ノッポ○のぬいぐるみ持って歩いてりゃ、そら不思議だわな。
 俺は、ここにいる理由や、ノッ○ンを持っている理由を説明した。
「そうか、悪いことしたな。引き止めちまって」
 ケイが珍しく、申し訳なさそうな顔をして謝ってきた。
「いいって、別に。それより、カズ。可憐と真実には連絡したのか?」
「あぁ、もうすぐ来る筈なんだが・・・・・・あっ、来た!」
 そう言われて振り向くと、可憐と真実がこっちに向かって走ってきていた。
「はぁ、はぁ、やっと着いた。疲れた〜!」
「ちょ、真実ちゃん、足速すぎだよ・・・・・・」
 二人の少女が息を切らして走ってきた。
 二人とも、懐かしいな。
 確認しておくが、俺が転校してからまだ一ヶ月しか経っていない。
「やっ、リナ! 久しぶり! 元気してた〜?」
「あぁ、真実も相変わらず無駄に、元気だな」
「無駄に、は余計よ。あれ? その子、誰?」
 真実は美香ちゃんを一瞥したあと言ってきた。
「篠原美香です! 絵里菜先輩には、いつも御世話になっています!」
「そうなんだ。私は水瀬真実(みなせ まみ)。よろしくね」
 真実とは幼稚園からの腐れ縁だ。真実は、「運動するのに邪魔」といって髪はショートにしている。それでも普通のショートよりちょっと長いんじゃないかと思う。
「私は星野可憐(ほしの かれん)です。よろしくね。美香ちゃんって呼んでもいいかな?」
「はい!」
 可憐とは、中一の時に教室の隅で一人で居たところを、ケイが無理矢理連れてきて以来、よく一緒に居るようになった。内気な性格だったけど、今は前より明るくなったな。最初見た時、腰に届きそうな長くてカールしている髪が印象的だったな。
「絵里菜くん、久しぶりに会えて嬉しいな」
「俺も嬉しいよ。さて、みんなの顔も見れたし、そろそろ行こうかな?」
「駄目だよ、折角久しぶりに会えたんだから、いろいろと話、聞かせてもらうよ?」
 その後、俺たちは三時間も拘束された。
 再度確認しておくが、俺が転校してからまだ一ヶ月しか経っていない。


back index Novel top next