×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「只今の得点――九十八点――」
 あっ・・・・・・。
「勝った・・・・・・?」
「第一回蒼葉高校吹奏楽部カラオケ大会の優勝者は龍宮〜絵里菜〜!」
 明日香先輩、マイク使って大声出さないで下さい。
「じゃあ優勝賞品は学校でのお・た・の・し・み♪」
「あ、はい、ありがとうございます」
 とは言ったものの豪華賞品って何だ?
 ウチの吹奏楽部のことだから、世間一般の「豪華」とはきっとずれていると思う。
 そう思った後、急に心を読まれてないか不安になって明日香先輩の方を見てみる。
「さぁ、みんなで朝ご飯食べにいきましょうか?」
「「「「「さんせ〜い」」」」」
 良かった。明日香先輩、気付いてないみたいだ。
 ・・・・・・え? 朝ご飯?
 確か、カラオケを始めたのは日付が変わった頃だった筈・・・・・・。
 俺は、嫌な予感がして時計を見た、そして膠着(こうちゃく)。
 ま、マジですか?
 俺は信じられなかった。
 だって八時だよ?
 八時間もみんなでずっと歌ってたんだ・・・・・・。
 っていうか、合宿初日はカラオケで徹夜ですか?
「何やってるんだ、龍宮。置いていくぞ」
「あぁ、はい今行きます」
 ユエ先輩に呼ばれてようやく膠着状態から抜け出した俺は、みんなと一緒に朝ご飯を食べにいくことにする。
 朝ご飯はバイキング形式になっていて、まぁ簡単に言えば、こんだけ用意したから後はお好きにどうぞ? みたいな感じになっていた。
 この方が自分の好きなものを好きなだけ食べられるから、俺は好きだ。
 そしてこの形式だと、お皿を見るだけで人の好き嫌いがよく分かる。
 例えば、結城姉妹。
 流石、双子なだけあって取ってくる食べ物が・・・・・・一緒だ。
 全部一緒だ。好き嫌いも一緒なのか?
 辰哉なんかいろんな料理を山盛りにしている。
 おかずの区別なんかしない。いろんな物がぐちゃぐちゃに混ざっている。
 腹ン中に入りゃ何でもいいのか? アイツは。
 明日香先輩は・・・・・・あれ? いない。
 ちょうど目の前にユエ先輩がいたので聞いてみた。すると、
「明日香ならもう食べ終わって、運動してくる。って言ってたぞ」
 早っ! ついさっきまで二人前を越える量のご飯を盛ってたのに・・・・・・。
 明日香先輩の食事の早さと、大量に食べても太らないあの体質に疑問を持ちながらも、俺は、のんびり三十分かけて朝食を食べた。
 今日の朝ご飯は、みんなの味の好みが分かって面白かった。

back index Novel top 第七楽章へ