×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「今日はマラソン大会を行います!」
『イエ〜イ!』
 また大会、っていうか此処旅館のロビーですから、五月蝿くすると怒られますよ?
 なんかカラオケ大会と同じテンションのみんな。と至って冷静な人が数人。
「明日香、ちょっとはしゃぎ過ぎじゃないか?」
「全くだ。これでは気が休まる暇がないじゃないか」
「俺・・・・・・なんか凄い疲れてるんですけど・・・・・・」
「先輩・・・・・・今日はちょっとのんびりしませんか?」
 海斗先輩、ユエ先輩、竜馬、マイの順で明日香先輩に文句を言っている。
「問答無用♪」
「「はい・・・・・・」」
「「おい、明日香・・・・・・」」
「問答無用♪」
 出た、明日香先輩の「必殺! 問答無用♪」攻撃。しかも二回。
 吹奏楽部で数少ないまともな人たちが、ものの見事に一蹴された。
「「はぁ・・・・・・。もう好きにしてくれ」」
 駄目だこりゃ。海斗先輩とユエ先輩が勝てないんじゃ、誰も勝てないな。
「誉め言葉として、受け取っておくわ。さて、コースを説明するわね。ルールは簡単、東京まで行って○ッポングッズを買ってくるだけ! ルートは自由!」
 東京〜!? 明日香先輩。ここ、何処だと思ってるんですか?
「何処って、熱海に決まってるじゃない。エリちゃん、もしかして惚けちゃった? 吹奏楽部は肺活量と体力が大事なのよ? これくらい走れなくてどうするの?」
「・・・・・・それで? 出発は何時なんだ? みんな昨日は寝てないんだぞ?」
 おぉ、流石海斗先輩。この理不尽な提案に対しても、冷静を保って・・・・・・ない? もしかして、ちょっと怒ってる?
「別に怒ってなんかないさ・・・・・・」
 あれ? 海斗先輩にも心読まれた・・・・・・。もしかして俺ってサト○レ?
「十二時に出発よ。それまでは各自休息タイム。あ、あと二人一組だから出発前にくじ引きでペアを決めるからね♪ ペアのどちらかが帰ってくればゴ〜ル♪」
 明日香先輩、無視ですか? 否定しないってことは、まさかほんとに俺・・・・・・。
「大丈夫だよぅ、絵里菜くんはサ○ラレじゃないから♪」
 うぉ〜い、ちょっと待て〜い! 香澄ちゃんまで心読んどるやないか!
「絵里菜くん、恐い・・・・・・」
 それから十二時まで、俺は無心で過ごした・・・・・・。
 ――十二時――
「それではペアも決まったので、第一回蒼葉高校吹奏楽部マラソン大会、スタート!」
 こうして、俺らのマラソン――もとい「サバイバル」の火蓋は切って落とされた。
 因みにペアは、明日香先輩・アリス先輩ペア、竜馬・マイペア、香澄ちゃん・辰哉ペア、海斗先輩・沙耶ちゃんペア、ユエ先輩・沙希ちゃんペア、俺・美香ちゃんペアとなった。


back index Novel top next