×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ようやく全員が揃い(一人居ないが)俺たちはログハウスの中へ。
「おなか減ったわね〜。じゃあエリちゃん、お願いね♪」
「へ? 何で俺が・・・・・・」
「罰ゲーム♪」
 いや、俺ビリじゃないし。
「アリスは遅くて当然だし、マイちゃんと結城姉妹は迷ってたから除外。よってビリはエリちゃんよ」
 いや、俺の後に竜馬とか香澄ちゃんとか来たし、しかもまだ辰哉が来てないし。
「問答無用♪」
 ・・・・・・はぁ、分かりましたよ。やればいいんでしょ。
「分かれば宜しい」
 しょうがない、作るか。
 俺は渋々キッチンへ向かう。
 とりあえず冷蔵庫を開けてみると、材料が無い。・・・・・・無い?
「・・・・・・無いぃ!?」
 これはビックリだ。俺は急いで明日香先輩のところへ行ったが、
「材料無いから買ってきてね♪」
 と言われてしまった。
 ここ、山の上だと言う事忘れてませんか?
 しかも俺、来る時迷ったんですよ?
 それを必死に訴えた。そしたら、
「じゃあ誰か他の人と行って来て」
 だってさ。あ〜あ、やんなっちゃうよな〜。
 俺が誰と行こうか迷っていた時、また明日香先輩が、
「誰か〜エリちゃんと買出しに行ってくれる〜?」
 ――刹那、
「「「はいっ私行きます」」」
 真っ先に声を揃えて手を挙げた結城姉妹、と香澄ちゃん。
「あなた達は駄目〜」
「「「え〜!?」」」
 何で俺と買出しに行く相手を明日香先輩が決めるんだろう?
「仕方ない、私が行くよ」
 そう言ってくれたのはユエ先輩だ。
「・・・・・・何でユエが行くの?」
「あの三人じゃ駄目なんだろう? なら私でいいじゃないか。それに・・・・・・」
「それに?」
「前から龍宮とは話がしたいと思ってたんだ。龍宮、私でもいいかい?」
「あ、えぇ、いいですけど・・・・・・」
 正直、ユエ先輩が来てくれるとは思わなかった。
 まぁ、あの三人と一緒だと困るし、俺も話がしたかったからちょうど良いや。
 俺は名残惜しそうな三人の目を気にしながらも、ユエ先輩と買出しに向かった。

back index Novel top next