×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「これから山を登ります!」
 ・・・・・・何で?
 明日香先輩は皆を集めて、意味の解らない事を言い出した。
「吹奏楽部=肺活量=山!」
 あれ? 途中色々端折(はしょ)りませんでした?
「細かい事は気にしない! 目標は裏の山! お昼くらいには頂上に着くと思うから頑張ろう! 最後に頂上に来た人は罰ゲームね。それじゃあ山登り大会スタート!」
 何時の間にか大会になってるし、罰ゲームとかあるし。
「ビリにならないように頑張ろうね」
 あぁ、マイにそう言われちゃ頑張るしかない。
 よし、行くか山登り!
 ・・・・・・一時間後。
「ここ、何処だ?」
 何か前と同じ状況に陥っちゃいませんか?
 周りを見ても森、森、森。
 東西南北分かりましぇん。
「どうしようかな・・・・・・っと」
 次に進む道を勘で決めようとしたその時、
 ガサガサッ!
「な、何!?」
 今、ガサガサって・・・・・・。
 俺は後ろの茂みに目をやってみる。とその刹那、
「何だ、龍宮じゃないか」
「あ、ユエ先輩」
 た、助かった〜。俺はユエ先輩と一緒に頂上を目指すことにした。
「何してたんだ? あんな所で」
「いや〜迷っちゃって。ユエ先輩は?」
「私はちょっと景色を楽しんでたんだよ」
 景色を、ですか。余裕なんだな、罰ゲームあるのに。
「こんなにいい所ならルナも連れて来れば良かったな」
「ルナって?」
「あぁ、妹だよ。ウチの神社の留守番を頼んできてしまったから来てないんだ」
 ユエ先輩ん家って神社なんだ。それに妹が居るんだ。
 そう言えばユエ先輩とあんまり話したこと無かったな。
「今度、ユエ先輩の神社行ってみてもいいですか?」
「別に構わないよ。今度招待するよ。おっ、話しているうちに、ほら見ろ、抜けたぞ」
「えっ? あ、ほんとだ。意外と近かったんですね」
 森を抜けた所には立派なログハウスがあった。
 そこには既に明日香先輩、大家さん、町田先生、海斗先輩が居た。
 早いな〜みんな。このメンツだと多分、明日香先輩が一番乗りなんだろうな。
 とりあえずユエ先輩のお陰で罰ゲームは逃れられた。
 さて、ビリは誰になる事やら。

back index Novel top next