×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「こ、これって」
「部屋割りよん♪」
 部屋割りよん♪ って、
 その紙に書かれていた部屋割りはこうだ。
 一〇一号室・・・・・・校長先生、町田先生。
 一〇二号室・・・・・・明日香先輩、アリス先輩、ユエ先輩、美香ちゃん。
 一〇三号室・・・・・・海斗先輩、竜馬、辰哉
 二〇四号室・・・・・・香澄ちゃん、マイ、結城姉妹、そして俺。
 ・・・・・・何で? 何で俺だけ男女混合の部屋なんだろう。
 っていうか、俺が一〇三に行けば、四人ずつになってちょうど良いのに。
 更に言えば何で俺たちだけ二階なんだろう。
 こんなツッコミ所満載な部屋割りでいいのだろうか。
「いいのよ、これで。それにエリちゃん、彼女達と仲良いでしょ?」
 そう言った後耳元でささやいてきた。
(一緒に寝たこともあるしね♪)
「なっ!」
 何でそのことを。
「壁に耳あり障子に目あり、と言う訳で各自部屋に行ってのんびりしてくださ〜い」
『は〜い』
 そんなこんなで、とりあえず部屋に行く事になった。
 ――二〇四号室――
「うわ〜広〜い」
「「広いですね〜」」
 うん? 広いか、ここ。ウチとあまり変わらないから判らない。
「ここに五人泊まるのか〜」
 部屋の広さ、約十畳。
 二階なので窓からは海が見える、良い部屋だ。
「おっ、もう一部屋あるのか」
 襖(ふすま)の向こうに六畳程の部屋があった。
 これなら五人くらい寝れるか。
「これくらい広ければ五人で寝れるね♪」
「「です♪」」
 えっ? ちょっと何を言ってるの?
「俺はこっちの部屋で寝るから」
「何で?」
 いや、何でって言われても・・・・・・。
「折角、皆でお泊まりなのに?」
 いや、お泊まりではない。決して。
 四対一は不利だ。このままじゃ、負ける。と思ったその時、
「みんな〜一〇二号室に集合!」
 明日香先輩に呼ばれたため、俺は一足先に下の階へと逃げるように向かった。
 しかし、その明日香先輩の用件がとんでもない事に発展する訳で・・・・・・。

back index Novel top next