×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第二回 「中略GW〜三人で進級祝いをしよう〜」

 ――中略――
 なんだかんだ言ってるうちに一ヶ月経ち、ようやく進級祝いをすることになった。
 今更やってどうすると思う人もいるかもしれないが、そこはスルーして頂きたい。
「いい天気だね〜♪ ねぇ! どこ行く?」
「そうだな、とりあえずボーリングでも・・・・・・」
「それじゃあいい天気の意味がないじゃない!」
 そんなやりとりをしながら、俺たちは町中を歩いている。
 もう見慣れた風景だった。
 少し前までは七人で馬鹿やってたが・・・・・・。
「じゃあさ、公園で鬼ごっことかしねぇ?」
 いつまでも決まらなそうだったので、俺はそう提案してみた。
「え〜!? そんな子供じゃあるまいしやだよ〜」
「そうか? いい天気なんだから思いっきり走りたいじゃないか。それとも大和は体力に自信がな いって言うのか?」
 俺が適当に言った案に、リクが乗ってきた。
 どうやら、リクには何か考えがあるらしい。
「なっ!? そんなわけないでしょ! 陸部の力、ナメないでよね!」
 補足すると、陸部とは陸上部の略で、大和は部長だったりする。
「どうかな? 陸部弱いしな〜」
「そ、そんなことないわよ! 今年こそインターハイ行ってやるんだから! 勝負よリク!」
 先程とはうって変わってやる気になった大和。
 流石リク。大和の扱いが上手い。
 けなされればムキになる。もっというと、挑発に乗りやすい大和の性格を逆手に取ったやり方だ。
「そうと決まれば、何処か広いところに行かなきゃな。さて、何処がいいか・・・・・・」
 リクは腕を組みながら考えている。
 しかし、鬼ごっこの場所を探しているだけだから、そんなに考える必要はない。
「じゃあさ、S公園はどう? あそこは広いよ〜」
「そうだな。じゃあ、そこにしようか」
 こうして、俺たちは鬼ごっこをしに、S公園に向かうことになった。

 ――ここはS公園――
 S公園はウチの高校から少し行った所にある、いやに馬鹿でかい公園だ。
 確か東京ドームの三個分はあったんじゃないかな?
 なんせ地名にもなるほどだ。
 中には寺とかホテルまで建ってるし。
 ここまでいうとモデルが何処なのか判るのかな?
「よし、じゃあ鬼を決めようか」
「ちょっと待った!」
「なんだよ、クウ。今更逃げるのか?」
 鬼ごっこをする流れを止められたリクは、ご立腹のようだ。
 腕を組んで、こちらを睨むようにみている。
 しかし、俺にはもう一つ策があるのだ。
「ほんとにここでやるのか? ここ広いぞ、ハンパなく」
 なんせ(以下略)
 そんなところで、しかもたったの三人で鬼ごっこをするのはかなり無謀だ。
 多分、最初に鬼になった人の負けなんじゃないかな。
 それだけは絶対に防ぎたい。
 すっかり鬼ごっこでリクに勝つつもりでいた大和は、腰に手を当てて、膨れた顔で向かってきた。
「じゃあ、クウは、他に、なにか、いい方法が、あるって言・う・ん・で・す・か!」
 言葉一言一言に目いっぱい力を込めて、ズンズン迫ってくる大和。
 その形相は、さながら鬼か般若のようだった。
 大和なら鬼「ごっこ」じゃなくて、「鬼」が出来るんじゃないかな?
 そんなことを思った俺だが、口にしたら恐ろしいことになるので絶対に言わない。
 それよりもなにか打開策を見つけないと、鬼ごっこになるか、鬼に襲われるか。
 どちらにしても地獄絵図であることに変わりはない。
 しかし俺のもう一つの策を、ここで使う。
「じゃあさ、S公園一周レースってのは? それなら、距離があった方が面白いし、陸部の大和にも有利な種目だろ?」
 どうだ、俺の名案は。
 これなら上手くいけばリクと大和の一騎打ちになって、俺はスターターになって、そんでもって走らずに済む。
 俺にとっては絶好の条件なのだ!
 自慢じゃないが、基本的に運動において、この二人に勝てる気がしない。
 俺もそこそこ出来るつもりだが、この二人はそれ以上なのだ。
「俺は別にいいけど、大和はどうする?」
 何故かリクの顔は、負けるはずはないといった自信に満ち溢れた表情をしていた。
 何で女子とはいえ、陸部の部長相手にそんな余裕が持てるんだよ・・・・・・。
 一方、大和はとてつもなく悩んでいた。
「え〜、どうしようかな〜。それでも別にいいんだけど、これで負けると陸部の威厳が損なわれるような・・・・・・」
 などとブツブツ言っている。
 別にいいじゃないか、遊びなんだし。
 第一、男と女じゃポテンシャルに違いがあるだろう、と俺は思うのだが、そんなことは関係ないのが部長というポストなのだろうか?
 俺は良くわからん。
 しかし、大和は変なところでプライドが高い。
 更に重度の負けず嫌いだ。
「う〜ん、どうしようかな〜。う〜ん、ブツブツ・・・・・・」
 つーか早く決めろよ大和〜。


back index Novel top next