×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「ちょっ、ちょっと待ってくださいよ。どうして俺が生徒会役員にならなくちゃいけないんですか? お断りします」
 そもそも俺はここに来てまだ二ヵ月しか経っていない。
 正直、この学校の事をほとんど理解していない。
 俺の言葉に、歩美先輩の左隣に立っていた秘書らしき容姿の女子が反応した。
「その意見にはわたくしも同意です。何故、彼を生徒会に? それに六人の推薦には二人足りません。よってその方法は成立いたしませんわ」
「あらそうだったの? てっきりあなた方も賛成してくれてるのだと思ってたのに」
 歩美先輩の言葉に、秘書風の人とは反対側に立っていた執事風の男子が答えた。
「いえ、私も反対です。歩美様に近づく野郎は、私がこの手で粉砕いたします」
 執事風の容姿に似合わずデンジャラスな事を口にしている。
 彼が俺を見るその目は、やたら血走った目をしていた。
 そこからは、俺に対する殺気のようなものがビリビリと伝わってきた。
 心なしか拳が震えている。どうやら今すぐにでも粉砕したいらしい。
 たとえ生徒会に入らずとも、俺は彼に目を付けられてしまったようだ。
「そっか・・・・・・。あなたもなのね・・・・・・」
 歩美先輩はがっくりと肩を落とした。
 やれやれ、やっと諦めてくれたか。
「じゃあしょうがない。一つ目のに切り替えよう! 会長を含む三人だから、私と、綾香と源ちゃんでいっか♪」
 歩美先輩は諦めたわけではなく、単に手段を変えただけだった。
 彼女は是が非でも俺を役員にしたいみたいだ。
「えええええ! 何言っちゃってんですか? というか俺の意見は無視ですか!?」
「無視です!」
 即答だった。
 気付くと歩美先輩は、なにやらファイルを開いて楽しそうに何かを選んでいた。
「どれにしよっかな〜。これなんかいいかな〜♪」
 状況を考えると、俺の受ける役員試験の内容を決めているようだった。
「会長、お待ちください! 彼が拒絶の意志を示している以上、これ以上の無理強いは極力避けた方が宜しいのでは?」
「そうです! このような輩、私が叩き潰してみせます。歩美様は私がお守りいたします故、どうかお考えを改めてください!」
 会長の暴挙を止めるべく必死に説得する秘書Aと執事B。
 おいおい執事B。どうしても俺をデストロイしたいみたいだな。
 彼らは逆に、是が非でも俺を役員にはしたくないようだ。
「何? 私の選んだ絵里菜くんに文句でもあるの? それに彼の推薦者は綾香よ?」
 そう言った歩美先輩の目は、先の執事Bのそれを遥かに上回る殺気を放っていた。
「綾香さんが・・・・・・ですか? 彼を・・・・・・。ですが・・・・・・」
「あ、綾香様が・・・・・・。いや、しかし・・・・・・」
 秘書Aと執事Bは歩美先輩のその言葉を聞き、ひどくうろたえていた。
「でもまあいいわ。そこまで言うなら、あなたたち自身がなんとかするのね」
 そう言うと歩美先輩は口の先を少しつり上げて、笑った。


back index Novel top next