×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 二時間かけてようやく俺たちは東京タワーの最寄り駅である赤羽橋駅に到着した。
「やっと着いたね。ここからあと五分くらい歩けば東京タワーだよ」
「やっぱり遠いですね〜」
 最早、何の為にここに来てるのかが分からなくなってる。
 電車を使った時点で、もうマラソンじゃない。
 更に、東京に来たことにより、熱海に行った意味がない。
 ・・・・・・どうせなら熱海で何かしましょうよ。
 明日香先輩の考えることはよく分からない。
「明日香先輩のことを悪く言うと怒りますよ?」
「えっ?」
 俺、今なんか言ったっけ?
「『明日香先輩の考えることはよく分からない』って心の中で思ってました!」
 ひぇ〜、美香ちゃんにまで読まれてる。やっぱり俺はサトラ○なんだ〜。
「明日香先輩はカッコいいし、綺麗だし、どこかミステリアスなところがあるし・・・・・・。兎に角、最高の女性です!」
 心なしか美香ちゃんの話に熱がこもってる。
 それに、美香ちゃんの顔が輝いているように見える。
 まぁ、確かにその通りだとは思うけれど・・・・・・。
「明日香先輩は、美香の憧れです!」
 憧れか・・・・・・確かに憧れるのも無理はない。
 まだまだ明日香先輩の謎は数多くあるけど、そういうとこがいいのかもな。
「さぁ、着きましたよ。龍宮先輩」
 美香ちゃんの話を聞いていたら東京タワーに着いた。
「あの・・・・・・これから、絵里菜先輩って呼んでもいいですか?」
「うん、いいよ」
 もうみんな呼んでるしね。一部『エリちゃん』とか呼んでるけど・・・・・・。
「ノッポ○って何処に売ってるんでしょうね」
「それなら、大展望台二階の直営売店に売ってるよ」
「詳しいんですね」
「まぁね。前まで近くに住んでいたから」
 この辺も懐かしいな。近場なのによく来たっけ。
 その後いろいろと話しながら二階へ・・・・・・。
「○ッポングッズってどれがいいんでしょう?」
 いろいろと悩んだ結果、美香ちゃんが欲しがった大きいぬいぐるみを買った。
 勿論、お金は俺が出した。
 まぁ千円だからそんなに経済的負担は無いんだけれども・・・・・・。
「それじゃあ帰りましょうか? 大会ってことは一位にはなにか賞品が出るかもしれませんよ?」
「よし、じゃあ急いで帰ろうか」
 俺たちは一位を目指すために急いで東京タワーを出た。
 ――とその時、俺の肩に誰かの手が乗せられた。
「なぁ、お前・・・・・・、もしかして・・・・・・リナ・・・・・・か?」


back index Novel top next