×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「どうしようかな〜」
 今の時間は十時二十分。
 両脇の双子はと言うと、
「う〜ん、もう食べられない」
「もぅ、食べられませんよ〜」
 なんて、なんか双子で似たような夢を見てる。
 これは、ちょっとやそっとじゃ起きそうに無い。
 ぐっすり寝ている割には、俺を掴む力は物凄く強い。
 これは抜け出せそうに無いし。
 途方に暮れていた、その時。
「絵里菜くん、まだ居るの〜、って何やってんの?」
 玄関を見るとそこには香澄ちゃんが。
「助かった〜。香澄ちゃんこの双子何とかして」
「え〜、どうしようかな〜」
 どうしようかな〜、じゃなくて。
「頼むよ〜」
「頼まれちゃしょうがない助けてやるか。その代わり何か一つ私の言う事聞いて?」
 俺は渋々承知し、香澄ちゃんの協力の元、なんとか抜け出す事が出来た。
「は〜、助かった」
 その後、俺は布団を二枚敷いて、そこに双子を寝かせて音楽荘を後にした。
「よかったね〜。あのままだったら腰痛くなっちゃうよ〜」
「ほんとに助かった。ありがとう」
「それで、お願いなんだけど」
 そういえばさっき助けてもらう前になんか言ってたな。
「今度デートしてくれませんか?」
「え、えぇ!? デ、デート!?」
「ダメかな?」
 出た、明日香先輩譲りの上目遣いと涙目のダブルパンチ。
 俺それ弱いんだよな〜。
「い、いいよ」
 結局俺は、香澄ちゃんのダブルパンチにあっさりKOされてしまった。
「ほんと? ありがと〜!」
 そう言うと香澄ちゃんはいきなり抱きついてきた。
「ちょ、ちょっと香澄ちゃん!?」
「あ、ごめん。つい・・・・・・。じゃあまた明日、おやすみ♪」

 その後は何事も無く時は過ぎ、気がつけば今日は合宿前夜。
 明日に備えて今日は早く寝ることにしよう。
 明日は吹奏楽部の合宿か、一体どんな合宿になるんだろ。
 合宿を通じてもっと部員の事を知れたらいいな。
 なんだか合宿がとても楽しみになってきた今日この頃であった。
 楽しみにしすぎて眠れないかも・・・・・・。


back index Novel top 第五楽章へ