×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ――国語の授業――
「それじゃあテストを返すぞ〜。出席番号順に出てこいや〜!」
 ○田延彦みたいな事を言ってる国語の先生。
 名前はまだ無い。
 嘘、単に忘れただけ、というより覚えてない。
 ようやく俺のテストが返ってくる番だ。
「凄いな、龍宮。よく頑張った」
「は、はぁ」
 そう言われたが俺はテストの結果も見ずに席に座る。
 と、直ぐに辰哉がやって来て、「何点だった? 何点だった?」と五月蝿いかったので、みんなに見えない位置、俗に言う死角から一発食らわしてやったら、「ひでぶっ」と言って倒れた。・・・・・・今の世代の人でそれ知ってる奴ってあんま居ないんじゃないか? と思いながらも俺は分かる口だったりする。
 ――英語の授業――
「凄いな、龍宮。これからもこの調子でな」
 なんかまた誉められた。
 そんなに凄いのか?
「なぁなぁ乙姫なんて、あべしっ」右アッパー、クリーンヒット。
 ――数学の授業――
「凄いな、龍宮。前の学校でもこんな感じか?」
 またかよ、どうして教師は揃いも揃って同じ事ばかり言うんだ。
「なぁなぁおとひ、がばめんとっ!」左ストレート炸裂。
 がばめんと? 政府? 何で?
 辰哉のリアクションがイマイチよく分からなかったが、無事テストは三つとも返ってきた。この結果を持って音楽荘に行くことになる。
 ――音楽荘――
「さぁ見せ合おうか、まずは私から。えいっ!」
 マイのテストは国語八十七点、英語九十点、数学六十三点の、合計二百四十点。
「理系の科目が苦手で」
「じゃあ次は私。ジャン!」
 香澄ちゃんのは国語六十八点、英語五十四点、数学七十九点の、合計二百一点。
「語学系ってなんか苦手なんだよね〜」
「「次は私たちです。それっ!」」
 結城姉妹のテスト。
 姉の沙希ちゃんが国語五十二点、英語四十五点、数学五十一点。
 妹の沙耶ちゃんが国語五十一点、英語四十四点、数学五十三点。
 二人とも揃って合計百四十八点。
「やった〜! 二教科勝ったから私の勝ち〜♪」
「ふえ〜ん、また負けた〜」
 なんというか、微笑ましい光景だ。っていうかみんなの変な掛け声は何なんだ?
「最後は絵里菜くんだよ」
 そう言われて俺はテストを三枚、床に出した。


back index Novel top next