×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「それでは班長を決めてね♪」
 そう、班を作るなら班長は必須。
 俺たちはまず、班長を決めることになった。
「俺は〜無理〜」
 まぁ辰哉は無いわな。
「俺は班長ってタイプじゃないからな」
 タイプじゃないって、転校初日じゃわかんねぇよ、んな事。
「わ、私はその、人の上に立てるほど器の大きい人間じゃないから」
 班長ってあれか、器の大きさで決まるのか。
 って、あれ? 何で皆さんこちらを見てるのかな?
「そんじゃ〜班長は乙姫でけって〜い! 拍手〜」
 パチパチパチパチ・・・・・・
 な、何ですと〜?
「な、ちょっと待ってよ。俺、柄じゃないし・・・・・・」
「転校初日でそんな事わからへんし・・・・・・」
 何故に関西弁? っていうかそれ、竜馬が言い出したんだろ?
「頑張って下さいね。困ったときは、私がしっかりサポートします!」
 うわぁ〜マイがサポートしてくれるなんて嬉しいな〜。じゃなくて、
「却下、俺やらな・・・・・・」
「せんせ〜ウチの班の班長はおとひ、じゃなくて龍宮くんで」
「OK〜♪」
 OKってせんせ〜、困りきってるこの俺に気付いてよ〜。
「気付いてはいるけど、龍宮くんがやるとなんか面白そうじゃない?」
 あ、さいですか。
「え〜っと、今日はこれで終わりだから、今作った班でこれから頑張ってね。それから龍宮くんは自由に部活見学して、明日入部届を出してね♪」
「分かりました〜って、えっ明日!?」
「そうよ〜あ・し・た♪」
 ちと期間が短すぎやしませんか? 先生や。
 と言う訳で、俺は急いで部活見学に向かわなければならなくなった。
 とりあえず運動部は大変だから却下。それでもまだ三十個以上文化部がある。しかもこの入部届を明日までに出さなければならない。
 ここの高校の部活は全部見て回りたかったな〜。
 けどしょうがない。まずは何処に行こうかな〜っと、
 HR終了後、マイが声をかけてきた。
「龍宮くん、よかったら吹奏楽部に来てみない?」
「ん、吹奏楽部か、マイが誘ってくれるなら行こうかな」
「俺も暇だから付き合ってやるぜぃ!」
「俺も吹奏楽部には少し興味が有る。一緒に行こうか」
 俺たちどらごんちーむ(辰哉命名)は、吹奏楽部の見学に行くことになった。


back index Novel top next