×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「今日は七夕ね〜。なんかロマンティック♪」
 明日香先輩はうっとりとした表情で、夜空を見上げている。
 その顔は、まさに乙女の顔だった。
「明日香先輩、うっとりしているところ悪いんですけど、七夕っていうのは厳密に言うと七月七日の早朝に行うことを言う、痛っ! 叩かなくてもいいじゃないですか! ってどっから持ってきたんですか、その辞書」
 いつの間にか明日香先輩の手には英和辞書と和英辞書があった。
 明日香先輩はその角で頭を叩いてきたのだ。
「これが有名なディクショナリーアタック(辞書攻撃)ね。一説によると広辞苑が一番威力があるとか。そんなことよりエリちゃん! 野暮なこといいなさんな。今や日本人の殆どが、七夕は七日の夜だと思っているのよ? それに早朝じゃ、小さい子が参加できないじゃない!」
 明日香先輩は幼稚園の先生みたいに怒り始めた。
 まぁ、それはそうなんですけど、ってこれ以上反論しても最終的には、
『問答無用♪』
 ってくるだろうからもう何も言わない。
「今日は生憎の曇り空で残念ですね〜。折角一年に一度しか会えないのに・・・・・・」
「そうね〜。なんか七夕って天気が悪い時が多いわよね〜。何でかしら?」
「天帝の呪いだったりして」
「もしかしたらそうかもね。あ、そうだ。エリちゃん、短冊に願い事書いた?」
 そうか、そんな風習もあったな。まぁ、短冊を笹に飾る風習は日本だけみたいだけど。
「まだです」
「じゃあ一緒に書きましょうか? まだ笹も届かないし」
「え? 笹、誰かが持ってくるんですか?」
「ふふっ、ちょっと、ね♪」
 そう言って明日香先輩はウインクをした。
 ――それから一時間が経ちました――
「エリちゃん書けた〜?」
「ええ、一応・・・・・・」
 書けたには書けましたけど・・・・・・。
「見せるの、恥ずかしい?」
 出た、久しぶりの上目遣い。――と、
「あ、明日香。も、もって来たぞ。これで、い、いいんだろ?」
 そこに現れたのは、巨大な笹を持った海斗先輩だ。
 その大きさは三メートルはあろうかというもの。
 当人は物凄い汗をかいて、肩で息をしていてとても苦しそうだ。
 海斗先輩、こんなもの一人で持ってきたんですか?
「う〜ん、もうちょっと太くて大きいのが良かったんだけど、まぁいいわ。ありがとう♪」
「全く、なんで僕一人なんだ。ほ、他にもいるだろう。小笠原とか、田中とか、森本とか・・・・・・」
 うわ〜。どこかの野球チームみたいな名前が次々と出てきますね〜。
「まぁ彼らでも良かったんだけど、ほら、海斗ならやってくれそうじゃない?」
「確かに、他の奴らなら、やらないだろうさ。こんな仕事・・・・・・」
 いや、俺は明日香先輩の頼みは断れないと思う。
「そうかな? まっいいや。で? エリちゃんは何て書いたの?」
「え? えっと。『吹奏楽部のみんなが、いつまでも幸せでありますように』って書きました・・・・・・」
 そう言って、明日香先輩の方をふと見ると、下を向きながら、肩をブルブルと震わせていた。
「あ、あれ? 変でしたか?」
「ううん! エリちゃん偉い! そして可愛い♪」
 そう言って突然飛び掛ってきた。
「うわっ! や、止めてくださいよ明日香先輩〜」
「や〜だ♪」
 う〜わ。やだって・・・・・・。あ、そうだ。
「そ、そういえば明日香先輩はなんてなんて書いたんですか?」
「ひ・み・つ♪」
 あ、またそれですか・・・・・・。
 相変わらず明日香先輩は抱きついたまま離さない。
「明日香、そろそろ離してやれよ。絵里菜くん、本気で困ってるぞ」
 ナイスです、海斗先輩!
「む〜、しょうがない」
 ようやく明日香先輩の呪縛から解放された俺は、急いで明日香先輩から離れた。
 そういえば明日香先輩、海斗先輩の言うことは聞くんですね。
「海斗先輩って明日香先輩の扱い上手いですよね〜」
「扱いって言わないでくれる? 人を爆弾みたいに」
「まぁ、爆弾であることに変わりはないけどね」
「何よ〜! 私そんなに爆発してないもん!」
 いや、結構してますよ。
 というか明日香先輩、出逢った当初に比べて、キャラが格段に変わってる気がするんですけど。
「そんなことないわ。私はいつでも私そのものよ!」
「いや、そんな大それたことを聞きたかったわけじゃないんですけど・・・・・・。で結局、短冊にはなんて書いたんですか?」
「ん〜? I wish everything in the world to become mine.」
「・・・・・・は?」
「だから〜。I wish everything in the world to become mine.って書いたの!」
「マジすか?」
「マジです♪」
 あ〜明日香先輩なら遣りかねないわ〜。
 この願い事だけは叶えちゃ駄目ですよ、天帝さん。
 エリちゃん、なんかとっても驚いてたな〜。
 今までずっと書き続けてきたけど、友達はみんな笑うんだもんな〜。
 何でだろ? 本気なのに〜!
 いつか絶対実現させてみせるんだから!
 I wish everything in the world to become mine.
(日本語訳)私は、世界のすべてが私のものになって欲しいと思います。
 つまり、世界征服。
Fin...


index Novel top

 少し遅れましたが七夕です。
 一気に殴り書いたので、不安な一作であります。
 実際の時期はまだ球技大会中ですが、細かいことは気にしない方針でお願いします♪
 球技大会長いですね〜。自分でも収拾がつかなくなってきています。
 ではでは〜♪