×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「どうも、龍宮絵里菜です。このたびは500Hitを突破したそうで・・・・・・」
「たくさんの訪問、ありがとうございます♪」
「うわっ! 明日香先輩! いつからいたんですか?」
「さっきからずっといたわよ。失礼しちゃうわね」
「あ、そうでした? すみません」
「別にいいのよ。それで? どらごんらいふはこれからどうなるの?」
「あ〜、どうなるんでしょう? 原作者のNoahさん?」
 えっとですね、一応書き進めてはいるんですよ。 今、合宿の午前ですよね?
 もっと先まで書いています。
「そうなんですか? だったら早く更新してくださいよ」
「そうね。書けてるなら更新してもらった方がいいわね」
 いや、そうすると執筆が間に合わなくなるというか、追いつかなくなるので・・・・・・。
「だったらもっと早く書けばいいじゃない♪」
「いや、明日香先輩、それはいくらなんでも酷すぎるような・・・・・・」
「できればもっとエリちゃんとイチャイチャしたいわね」
「いや、今でも充分すぎるくらいにしてるじゃないですか!」
「今のままじゃ物足りないわ♪」
「どれだけ俺に負担かけるつもりですか!」
「エリちゃん、私といちゃいちゃするの負担なの?」
「その上目遣いと涙目は・・・・・・」
「Noahさん、もっと私とエリちゃんの絡みを!」
 ・・・・・・はい、出来る限り頑張ります。
「え!? いや、ちょっと! 頑張ってもらわなくても・・・・・・」
「頑張って下さい♪」
・・・・・・頑張って下さい、絵里菜くん。
「え!? そんな・・・・・・原作者に見離される俺って・・・・・・」
「いいじゃない♪」
「良くな〜い!!」
 というわけで、短いながらも、一応500Hit記念です。
 急いで書いたので、出来は分かりませんが、1000Hit記念はもっと頑張ります。
 一応書いてはいるので、第六楽章近日公開です! お楽しみに!


index Novel top


SEO対策 tool