×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「アリス〜。行くよ〜」
「ふえ? は、は〜い」
 急に明日香ちゃんに呼ばれたから、奥のほうへ行ってみると・・・・・・。
「ほわ〜、何これ〜」
「これが、ロビンソン・ヘリコプターR22βUで〜す♪」
 ヘ、ヘリコプターが置いてありました・・・・・・。
「これで東京に向かうわよ!」
「えっ!? う、嘘でしょ? 明日香ちゃん!」
「えっ!? う、嘘じゃないよ♪ アリスちゃん♪」
 あう〜、明日香ちゃんお得意のオウム返しだ〜。
 本気なんだ〜。私、高いとこダメなんだけどな〜。
「ねぇ、明日香ちゃん? 私、高いとこダメな・・・・・・」
「問答無用♪」
 こうなった明日香ちゃんは誰にも止められないんだ〜。
 結局、ヘリコプターで大空へと飛立つことになりました。
「うわ〜、凄いね!」
「う、うん・・・・・・」
 うわ〜ん、高いよ、怖いよ、落ちちゃうよ〜。
「また落ちるとか考えてない? 大丈夫だって。落ちない落ちない♪ それよりほら、もう東京タワーだよ♪」
「そ、そうだね・・・・・・」
 でもどうやって降りるんだろう?
「さて、そろそろ降りようか?」
 そういうと明日香ちゃんはビルの上に着陸した。
「え、えっと、明日香ちゃん。許可とかは〜?」
「取ってないよ♪ だから急ぐ!」
「え〜!? そんな、ちょっ、待ってよ明日香ちゃ〜ん」
 明日香ちゃん、走るの速いよ〜。追いつけないよ〜。
 気が付くと、明日香ちゃんはもう見えなくなっていた。
「何してるの? 帰るよ?」
 ほへ? 何で明日香ちゃんが、私の後ろに?
「だって○ッポンは〜? 買いに行かなきゃ〜」
「もう買ったわよ。アリスったら遅いんだもん」
 え〜。早すぎるよ〜。
 明日香ちゃんがノッ○ンを買ってきてくれたから、すぐに帰ることが出来た。
「なるほど・・・・・・校長先生か。その手があったわね。私たちは秘密♪ ね〜アリス?」
「え? う、うん。怖かった・・・・・・」
 明日香ちゃん、私が高いとこ嫌いなの、知ってるくせにぃ・・・・・・。
 もうお空は嫌!

Fin...


index Novel top

 お待たせいたしました! 後編更新です。
 明日香たちはヘリに乗ってたんですね。
 というわけだったのですが、いかがだったでしょうか?
 本編の更新も停滞気味ですが、気長にお待ちください。