×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「もしかして、そのお姉ちゃんって・・・・・・」
「生徒会長やってるわよ」
 やっぱり・・・・・・。
 なんか似てるなとは思ってたけど。
 容姿とかキャラとか。
「それよりあの二人、バスケットに届かないのなんとかならないかしら」
「どうにもならないんじゃないかな?」
 届かないんじゃ、シュートの正確性の問題じゃないし。
「とりあえず、絵里菜くんと土屋くんは三Pシュートの練習をして。織田くんはゴール下からのシュートをマスターしてね。あの二人は私がなんとかするから」
「了解。でも大丈夫?」
「大丈夫よ。なんとかするから気にせず練習して」
 ほうじょ・・・・・・綾香さんに言われたとおり三Pシュートの練習をした。
 ※分からない人のために説明すると、三Pシュートとは、スリーポイントシュートのことで、簡単に言うとゴールの遠くから打つ、難易度の高いシュートなのだ!
「エリ、ただ練習するのもつまらないから、三P十本勝負しようよ」
 という竜馬の一言で、十本勝負をすることになった。
 尚、勝負の内容はくどくなりそうなので省略します。
「ま、負けた・・・・・・。エリ、強すぎ」
 結果は九対六で俺の勝ち。
「絵里菜くん凄いわね。今回の勝負のキーマンになりそうね」
 綾香さんが、また何かメモってる・・・・・・。
 そういえば、あの二人はどうなったのかな?
「・・・・・・え?」
 俺がふと見た先に信じられない光景が・・・・・・。
「えいっ!」
「やっ!」
 ついさっきまでフリースローラインからリングに届きもしなかったあの二人が、ポンポンリングにボールを入れているではありませんか。
「・・・・・・何で?」
「ちょっとコツを教えたのよ。二人とものみこみ早くて助かったわ」
 そういう問題なのかな? 届かなかった二人が? なんか信じられない。
「百聞は一見にしかず、よ。現にちゃんと入れてるでしょ?」
「いや、それはそうなんだけど・・・・・・」
 なんか納得いかない。だって二人ともさっきまでリングに届――、
「くどいわよ、絵里菜くん。そういう男の人は嫌われるんだから」
「へ? あ、はい、気を付けます・・・・・・」
 俺、なんか言ったっけ?
「さぁ! これで戦力は万全! 頑張って優勝しましょう!」
「「「「おー!」」」」
 何はともあれみんなの息が揃ったみたいで良かった。
 ただ、敵の中に三年七組がいるんだよね・・・・・・。


back index Novel top next